身体症状だけのうつ病

女性

抑うつが目立たないタイプのうつ病

仮面デプレッションは仮面うつ病とも呼ばれる、うつ病の一種です。この病気の特徴的な症状は、うつ病でありながら精神面の抑うつなどが見られないケースが多いこと。うつ病と言えば基本的に、なにかするための意欲が欠けてしまったり、いつも落ち込んでふさぎ込み勝ちになったりしてしまうイメージがありますが、仮面デプレッションは違った傾向があるのです。患者さんが具体的に訴える身体の異常は、本当に幅広くなっています。肩こりや睡眠障害、目眩など枚挙に暇がありませんが、これは不定愁訴とされています。不定愁訴は原因がわからないのに症状だけが認められると言うもの。仮面デプレッションでは、実際に目眩や食欲不振を訴えて精密検査を行うこともありますが、実際には内臓や器官に問題が見つからないのです。精神的な問題が生じていないだけで、体はうつ病の状態にあると言えます。このように身体症状だけが現れると言う特徴のため、うつ病だと言う本質が隠れてしまうことになり、仮面うつ病と呼ばれているわけです。この病気は自律神経失調症と誤認されることもありますが、本質はうつ病になりますので、治療方法は異なります。診察は身体面の問題が多いので内科を選びやすいですが、対応があるのは精神科などです。治療方法としては他のうつ病と同様に、しっかりと休養をとることがまずは大切となります。ただし、それは難しいケースも多いので、投薬治療であったり、心理カウンセラーが利用されるケースが多いです。治療は早めにスタートしたほうが回復も早く、薬品への依存度も下げられます。

仮面デプレッションは通常のうつ病と同様に、誰にでも発症する可能性がある病気です。身体的な問題が前面に出てしまうので、うつ病だと気付かないまま過ごしてしまい、気付いた頃には症状が完全に悪化してしまっていた、と言うようなケースも見られます。なりやすい性格の人もうつ病と同様で、仕事を頼まれたら断れないような方、そして几帳面で責任感が強い場合は、リスクが高いです。このような性格の方が仕事で叱責を受けたり、責任感を感じて残業や休日出勤を繰り返したことで、発症するケースがままあります。また、仮面デプレッションは女性の方に多いのも特徴で、キャリアウーマンだけではなく、家事や育児に追われている主婦の方が発症するケースもよくあるようです。症状の出方は人それぞれですが、最初は仕事や家事が上手くできなくなったり、ぼーっとしている時間が増えることもあります。中々眠れないとか、頭が重いと言ったトラブルを感じるケースもしばしば。さらに、目眩や吐き気、息苦しいなどと症状が重く、そして数も増えてきて、仕事や日常生活に支障をきたす場合も少なくはありません。しかし、仮面デプレッションは精神的には安定していることが多く、体の不調を我慢して働いたり、家事を続けたりしてしまうような可能性があります。根が真面目な人ならば、何とか騙し騙し仕事を続けたりしていまいますが、これが症状を悪化させる引き金にもなりかねないのです。もしも異変が続いている時には無理しないことが大切。内科に通っても改善が見られず、原因もわからない時には、精神科や心療内科を考えてみるのが、おすすめできます。